【20代女性の婚活】失敗する3つの特徴と対策

今回は20代で婚活に失敗する女性の3つの特徴・改善策を紹介します!

こんな方にオススメ
  • 婚活を始めたが上手くいかない
  • 婚活について男性目線の意見を知りたい
  • 相手が本気で付き合ってくれない
  • 理想の相手と出会えない
  • 相手のことばかり考え、自分らしくなくなってしまう
  • オモイと言われ振られることが多い
  • これから婚活を始める
  • 結婚ライフの夢がいっぱい

婚活をする上で20代の女性はモテる傾向がありますが、
上記のような失敗が続き悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

安心してください。

この記事は、20代女性が婚活で失敗する共通点・改善策を男性目線で紹介します。

なかなか聞けない男性の本音・見ているところを紹介するため、
今まで失敗が続く方もこれから婚活を始める方も参考にしてください。

20代女性が婚活で失敗する3つの共通点



なぜ、婚活が失敗するのでしょうか。

まずは20代女性が婚活で失敗する3つの共通点を把握しましょう。

20代女性が婚活で失敗する3つの共通点
  • 婚活=ダサいと思っている
  • プライドが高く、自分が全て正しいと思う
  • 生活力(家事など)がないが、相手に求めてしまう

 

今、「は?」「うるさいなー」と思った方も多いと思います。

しかし、1つでも当てはまっている方は、黄色信号です。

男性は、あなたが想像している以上に女性の考え方や生活スタイルを見ています。

というのは、「結婚相手」ではなく「彼女」「遊び相手」と思われる可能性が高いためです。

よく考えてください。

あなたが結婚相手の男性に経済力を求めている場合、どんなにイケメンで好きなタイプであっても結婚できるかは話が変わりますよね。
子供ができたときに生活ができるか、専業主婦に慣れるか、など色々なことを考えると思います。

前提として男性も同じことを忘れてはいけません。

しかし、特徴と改善策が分かれば必ず婚活は成功します。

婚活で失敗する20代女性の特徴①「婚活=ダサい」

1つ目の特徴は「婚活=ダサい」と思っていることです。
婚活は結婚を希望する人がするものであり、「結婚できない人が集まること」ではありません。

よくある話として「いつか結婚できる」と思い、具体的な目標がないパターン。

結局はダラダラ過ごしてしまい、焦りが出て結局妥協してしまう傾向があります。

時間は戻ってきません。

婚活をするということは具体的な将来の人生設計ができているとも言い換えられます。
つまり、婚活をすることは決して恥ずかしいことではないので、勘違いをしないようにしましょう。

婚活で失敗しないための対策①「婚活=ダサい」

婚活をする女性の平均年齢は20代半ば〜30代前半です。
男性に人気の年代とも言い換えられます。

「平凡な28歳」と「美人な33歳」では「平凡な28歳が選ばれる」とも言われています。

このことを聞くと「ダサい」なんて言っている場合ではないことが分かりますよね。

また「ダサい」という気持ちがある場合、
男性が結婚生活を想像した時に感じるネガティブな要素でもあります。

実際、結婚をして共に生活をしていくことを考えると、
「いつか自分のこともダサく思われる」「カッコ良く気取る必要がある」
と男性は不安に思ってしまいます。

まずは婚活に対しての考え方を変えるようにしましょう。

婚活で失敗する20代女性の特徴②「プライドが高い」



2つ目の特徴は「プライドが高い」ことです。
自分が正しい・自分中心・高望みをしすぎることが20代でも失敗する傾向があります。

ここで勘違いしてはいけないことは、自己主張が強い=プライドが高いではないということです。

自分の意見を持っていることは素敵なことであり、どうしたいのか男性も理解しやすく、時には安心感を与えることもできます。

プライドが高いということは、「相手の意見を聞かない」「自分は悪くない」と一方通行な状況のことを言います。
また結婚相談所のアドバイスを聞かず、結局失敗するケースもよく聞きますので、注意しましょう。

婚活で失敗しないための対策②「プライドが高い」

一番大切なことは自己分析することです。

しかし、自己分析は難しいですよね。
「自分はこうなんだ」という先入観が強くなってしまいます。

そのため、まずは相手の意見を聞くことを意識しましょう。

相手の意見は客観的な意見で、非常に参考になります。

意見を聞くことで、あなたがもっと綺麗になります。
それが分かっていれば、やらない選択肢はないですよね。

男性は自分の意見を聞かせたい生き物です。
話を聞くことは誰にでもできることであり、それを行動にうつすかは別の話です。

しかし、結果として客観的な自己分析ができ、プラスになることが多く、男性も気分良くあなたと接することができます。

婚活で失敗する20代女性の特徴③「生活力がない」

3つ目の特徴は「生活力がない」ことです。

婚活をする上で、アピールポイントは必要です。

家事ができなかったり、お金の管理能力がない場合、20代でも婚活で失敗する傾向があります。

相手に条件を求めるが、果たして自分はどうなのか、考えたことはありますか?

男性は、現実的な結婚生活をイメージする傾向があります。
仕事から帰ってきたときの家の中や休日の過ごし方など。
生活力がない場合は、男性にネガティブなイメージを与えてしまいます。

婚活で失敗しないための対策③「生活力がない」

まずは、今の生活を見直しましょう。

実家で暮らしてる方や1人暮らしをしている方など、今の生活はさまざまだと思います。
例えば、実家にいる場合、料理や掃除・洗濯をする機会は減ると思いますが、少しずつ実行していくことが大切です。

一番わかりやすいのは料理です。
胃袋を掴むとハートを掴むというのは本当にその通りです。
魅力的な男性をゲットするために、料理は必ず必要です。

まだ料理をしたことがなかったり、これからチャレンジしていきたい方にオススメの本を紹介します。

これから料理を始める方にオススメの本

※前提として、超わかりやすく、これから始める方向けの本です。

世界一美味しい手抜きごはん 最速! やる気のいらない100レシピ

 

超簡単なので自炊やってみた。

 

おわりに

20代で婚活に失敗する女性の3つの共通点と対策を紹介しましたが、いかがでしたか?

婚活で失敗がしてしまうのには、必ず原因があります。「たまたま失敗しただけ」と思わず、次の出会いの機会までに原因に気が付き、改善をするように心掛けましょう。
心がけることで、婚活の成功率が上がるでしょう。

もし、1人では失敗した原因が分からない場合は、家族や友人などに相談して、客観的な意見を聞いてみましょう。自分では気が付けないことにも、気が付いてくれる可能性があります。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。