ウーバーイーツで事故!【対応・保険】を徹底解説

ウーバーイーツで事故!【対応・保険】を徹底解説

最近、話題になっているウーバーイーツの事故問題

街を歩いていると、ウーバーイーツを見ない日は少ないと思います。

また、これからウーバーイーツのアルバイトを考えている人も多いのではないでしょうか。

最初にお伝えすると、ウーバーイーツは時間との戦いです。

急ぐ気持ちはわかります。

というより、運んだ分の給料がもらえるため、効率重視で動くことが当たり前の話です。

しかし、注文した人には関係のない話であり、楽しみにしている方も多いのは当たり前です。

また提携企業(レストランなど)の顔として配達するため、企業に迷惑をかけることになってしまいます。

事故は予期せぬ出来事です。

冷静に対応するために、既にアルバイトをしている方もこれからの方も事前に確認しましょう。



ウーバーイーツの配達中【事故】にあった場合



本プログラムは Uber が三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)と契約を結んでいるプログラムであり、従来の対人・対物賠償責任の保険に加えて、2019年10月1日より新たに事故による傷害補償制度が追加されます。

本プログラムは自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間に生じた事故に対して適用されます。

本プログラムに関する事前申し込みや、追加料金のお支払いは必要ありません。

万が一、配達中に事故に遭われた場合はサポートセンターまでご連絡ください。事故の報告を受け次第、専任チームが対応いたします。

引用元:Uber

そもそもウーバードライバーに登録していれば事故で生じる保険に加入されています。

逃げたくなる気持ちはわかりますが、絶対にやめましょう。

補償される内容はこちらで確認できます。

簡単にまとめると、配達中の事故による保険のほとんどは補償されるということです。

事故に遭ってしまうとテンパってしまう気持ちはわかりますが、冷静に対処すれば解決できることがわかります。

 

ウーバーイーツ配達中に事故にあった場合

ウーバーイーツの配達中の事故

いつ・どこで事故に合うか予想がつきませんよね。

当たり前の話ですが、自転車やバイクなどで配達する場合、車間距離を保つことを常に意識しましょう。

もし事故にあった場合は、速やかに警察に連絡しましょう。

また身体に異変や痛みなどがある場合は、人身事故として処理しましょう。

何もせずにその場から立ち去ると「当て逃げ」になってしまいます。

当て逃げをした場合のリスクは以下の通りです。

  • 1年以下の懲役または10万円以下の罰金(道路交通法第117条の5)
  • ※事故を警察へ報告しなかった場合
    3か月以下の懲役または5万円以下の罰金(同法第119条1項10号)
  • 商品注文者からのクレーム及び弁償 など

 

はっきり言って、逃げれるわけがなく迷惑な話です。

とにかく「当て逃げ」は圧倒的不利な立場になり、社会的信用を失うことになります。

逃げるメリットが何もないため正しい処置を取りましょう。

しんぷく
焦る気持ちはわかりますが、後日辛い思いするのはあなたです。

ウーバーイーツの配達も特別なことは必要ありません。

通常の交通事故と同じ対応をすれば問題なく解決されます。



ウーバーイーツ配達中に事故にあった場合の【注意事項】

ウーバーイーツで配達中の事故の注意事項

先ほど、「保険に加入している」と紹介しましたが、配達中のみ適応されます。

つまり、料理をピックアップに行く時前や配達が完了した後は保険の適応が認められません。

しんぷく
いつ事故にあったかは、かなりポイントです

もちろん事故に合わないことが一番良いですが、リスクを考え、あなた自身で損害保険に加入することをオススメします。



結論:ウーバーイーツの配達中の事故は【保険適応】

ウーバーイーツ配達中の事故は保険適応

ウーバーイーツで配達をする際、既に保険の加入がされていることを忘れないようにしましょう。

繰り返しになりますが、「当て逃げ」は最悪です。

速やかに警察を呼び、その場から動かないようにしましょう。

たった1回の過ちで人生が台無しになったら辛いですよね。

正しい処置をすれば、お金の負担も軽減できるため、焦ることなく冷静に対応することがポイントです。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。