トレンドブログは稼げる!【タイトル・書き方・ポイント】を徹底解説

トレンドブログは稼げる!【タイトル・書き方・ポイント】を徹底解説

トレンドブログ」ってなに?

ブログ収益がなかなか伸びない方も多いと思います。

あんなに時間を費やして、管理画面では0円の文字が続く・・。

しんぷく
私は2020年2月にブログを解説しましたが、6ヶ月間は数百円ブログでした。

私と同じ状況だった人に是非オススメしたいのが「トレンドブログ」です。

【収益の変化】
月間0円(1〜6ヶ月目)
月間50,000円(7ヶ月目)

 

トレンドブログは稼げます。

一方で、リスクや向き不向きもあるため注意も必要です。

そもそも稼げるのであれば、誰もがやっています。

その領域にチャレンジして同じ結果になってしまっては意味がありません。

しんぷく
正しくは「稼ぐチャンスがある」ということです。

この記事では、以下のことがわかります。

  • トレンドブログとは【何か】
  • 【どのくらい】稼げるか
  • トレンドブログの【メリット・デメリット】
  • 向いている人・向いていない人
  • トレンドブログの【書き方】
  • オススメの【タイトル】の付け方
  • トレンドブログの【ポイント】

 

ズボラな私でもできたため、稼ぐチャンスはいくらでもあります。

特に「これからブログで稼ぎたい方」「なかなか稼げなくて挫折しそうな方」には、運用のヒントにしてください。

それでは、トレンドブログについて徹底解説します。



トレンドブログは稼げる!【その実態とは】

トレンドブログとは

まずは「トレンドブログ」が何か説明します。

読んで字の如くですが、

トレンド情報を発信したブログ」です。

週刊文春さんの取り上げているような記事をブログで発信していくイメージです。

  • エンタメ系
  • 芸能系
  • ニュース系
  • スポーツ系
  • ユーモア系 など

 

普段、ニュースやTwitterなどを見て思わず見てしまう記事を書くということです。

新型コロナウイルスの感染者数の速報や芸能人のスキャンダル、ゲリラ的な情報などが当てはまります。

そのトレンドブログのポイントは以下の3つです。

  1. サラッと読める記事を執筆する
  2. 最新情報をいち早く伝える
  3. 「誰が」ではなく「どんな」が見られる

 

上から順番に説明していきます。

【サラッと読める記事】を執筆する

サラッと読める記事を執筆する

サラッと読める記事が、トレンドブログには合っています。

「しながら」や「すき間時間」に記事を読むことが多いです。

一方で、長時間かけて読む記事は、トレンドブログで稼ぐことには向いていません。

長時間かける記事 < サラッと読める記事

 

新しい情報を知りたい時は、1つのサイトだけ見ることはないですよね。

例えば、好きな芸能人が結婚した情報が流れたら複数サイトで「事実確認」をするはずです。

その理由は、信憑性を確かめるため。

つまり、トレンドブログは要点に絞って発信することがポイントです。

しんぷく
ダラダラと書くのではなく、明確に伝わる記事にしましょう。

最新情報を【いち早く】伝える

最新情報をいち早く伝える

トレンドブログは最新情報をいち早く伝えることがポイントです。

今の時代は情報社会です。

どこにいても新しい情報が耳に入ってきます。

繰り返しになりますが、新しい情報は信憑性を確かめるために複数の記事を読みますよね。

第一人者になることは難しくても、早く伝えることで運営ブログにたどり着く可能性がグッと上がりります。

そこにアクセスアップ、稼げるヒントが隠されています。

しんぷく
どこよりも早く正確な情報を発信しましょう。

「誰が」ではなく【どんな】が見られる

「誰が」ではなく【どんな】が見られる

トレンド情報は、「誰」ではなく「どんな内容」なのかを見られます。

理由は、求められているのは情報のみだからです。

もちろん、yahooニュースなどのメディアによる情報を見る人もいますが、そこで完結する人は少ないです。

サイトを見てトレンドブログをみる

発信している人のブランディングは非常に大切ですよね。

芸能人の○○が使っているから私も試してみたい、と一度は思ったことがあるはず。

トレンドブログの場合は、誰が書いたかはそこまで影響しません。

情報を知りたいからアクセスするためです。

そのため、ブログを始めたばかりの方にもチャンスがあるということです。



トレンドブログは【どのくらい稼げるか】

トレンドブログはどのくらい稼げるか

「いくら稼げるか」気になる方も多いと思いますが、具体的な数字は難しいです。

トレンドブログを始めても0円の方もいますし、1日で数万円稼ぐ方もいます。

実際、私はGoogleアドセンスのみで1ヶ月50,000円程度の収益がありました。

この金額が決して高いわけではありません。

稼げるかたはもっといます。

しかし、数百円しか稼げなかった私にとっては一気に跳ね上がったと思います。

しんぷく
管理画面を見た時は2度見しましたね(笑)

トレンドブログは、PV数を上げるチャンスがあります。

ポイントさえ掴めば、1日で数万円を稼ぐこともできます。

しかし、日々の情報は更新されるため、同じ記事で毎日一定の収益を得ることは難しいです。

「いくら稼ぐ」ことよりも、PV・UUを上げて「収益を出す」コツをつかみましょう。

そのためには数をこなすことが大切ですね。



トレンドブログの【メリット・デメリット】

トレンドブログのメリット・デメリット

稼ぐことも大切ですが、メリットとデメリットを確認しましょう。

今までブログ運営の記事を書いていたのに、急にスポーツの話題になったら違和感がありますよね。

「ブログを分けて運用する」ことも1つの手段です。

しかし、複数のブログを運用することは工数がかかります。

トレンドブログを運用していけるか確認することをオススメします。

トレンドブログの【メリット】

トレンドブログのメリット

メリットは以下の3つです。

  1. SEOの重要度が多少下がる
  2. 専門知識がなくても時間をかけずに執筆できる
  3. ブログのネタ探しに困らない

 

メリットは運営者によって異なりますが、私はこの3つに優位性を感じています。

あくまでブログ運営を始めて数ヶ月の初心者目線の内容です。

しんぷく
特にトレンドブログをこれから始める方のメリットです。

上から順番に説明します。

SEOの重要度が多少下がる

SEOの重要度が多少下がる

SEOは全く関係のない話ではありませんが、専門的なブログと比較するとそこまで意識する必要がありません。

※ロングテールで狙わない場合

トレンドブログの場合は3つの発信方法があります。

  • PPCなど広告流入
  • SEOから自然流入
  • CRM施策(SNS、メールなど)の流入

 

まず初期投資がかかるため、リスティングなどのPPC広告は除外しましょう。

もちろんドメインパワー などの影響もありますが、スタートが同じなため新しい情報は上位表示されたり、アクセスされやすくなります。

トレンドブログは流入しやすい

もちろんキーワードプランナーなどを利用し、ターゲットとするキーワード選定は大切です。

しかし、競合(ライバル)が少なくGoogleも「新しい記事」と認識するため、SEOでは上位表示されやすくなります。

またツイッターなどのSNSでトレンド情報を調べる方は多いです。

新しいことを知ったら、まずスマホを開きますよね。

そのフィールドに記事を流すことで流入が増えるということです。

ざっくり説明すると「SEOの知識がなくてもチャンスがある」ということです。

専門知識がなくても時間をかけずに執筆できる

専門知識がなくても時間をかけずに執筆できる

専門的な知識がなくても記事を量産できることもトレンドブログのメリットです。

例えば、稼げると思ってもパソコンが苦手な方がプログラミングの記事を書くことは難しいですよね。

一方でトレンドは、「新しいネタ」を書けば良いのです。

「教える」というよりは「伝える」イメージですね。

  • 専門記事:プログラミングのやり方は書けない
  • トレンド:話題のプログラミング第一人者については書ける

 

今までの経験で専門的なことを書くことができなくても、トレンドブログなら執筆しやすいです。

ポイントは記事を書き続けること

誰にでもチャンスがあるということです。

ブログのネタ探しに困らない

トレンドブログはネタ探しに困らない

記事のネタを探すことは大変ですよね。

トレンドブログでは、探すのではなく入ってきた情報を記事でまとめるため、ネタ探しには困りません。

ネタを探すのは、私たちではありません。

トレンドの中からバズる記事をピックアップするだけです。

めちゃくちゃ簡単にできそうな気がしますよね。

しんぷく
私はネタ探しにかなりの時間を費やしていましたが、トレンドブログは半分以下になりました。

 

ネタを探すことにストレスを感じている方は、トレンドブログを始めるとかなり軽減されます。

また記事を量産する回転率も上がるため、「文章慣れ」もできますね。

トレンドブログの【デメリット】

トレンドブログのデメリット

デメリットは以下の2つです。

  • 常にアンテナを張り、記事を書き続ける必要がある
  • 一時的なバズりはあっても続かない

 

めんどくさがり・固定概念が強い方はトレンドブログは向いていません。

ブログを始めた時点で、継続することに抵抗がある方は少ないと思います。

想像以上の継続性が必要ですので、注意しましょう。

順番に説明していきます。

常にアンテナを張り、記事を書き続ける必要がある

常にアンテナを貼る必要がある

常に最新情報を伝える必要があります。

そのため、アンテナを張り続け、記事を書き続ける必要がありますよね。

ぶっちゃけ、かなり大変です。

最新情報を発信していかないとトレンドではなくなります。

アンテナを張るということは、マスコミやSNS、ニュースで情報収集することが大切です。

1日だけではなく、常に集める必要がある

 

副業としてブログを書いている方は、スキ間時間を有効活用するしかありませんよね。

ネタ探しや記事執筆の時間は短縮できますが、慣れるまで時間がかかります

しんぷく
私は3000文字の記事を書くことに最初は半日かかっていました。

専門記事は、もともと詳しい分野になるため書きやすいですよね。

ここで、挫折してしまう方は多いためある程度の強い気持ちを持つ必要があります。

一時的なバズりはあっても続かない

一時的なバズりはあっても続かない

トレンドは、時間と共に需要がなくなります。

内容によっては、1年後も数年後も見られる可能性があります。

ただ基本的には「話題になった瞬間」が一番のピークです。

せっかく書いた記事が時間と共に見られなくなってきます。

以下のようなイメージです。

  • 【専門記事】ブログのはじめ方:継続的に見られる
  • 【トレンド】○○が不倫をした:一時的に見られる

 

そのため、せっかく記事を書いたのに一時的な流入だと萎えてしまう方も多いです。

リライトするよりは、新たな気持ちで記事を書くことが大切です。

 

トレンドブログの【向き不向き】

トレンドブログの向き不向き

トレンドブログで稼ぐためには、向き不向きがあります。

向いている方は以下の通りです。

  • 毎日続けることに抵抗がない
  • 好きではないジャンルの記事も書ける
  • 新しいことに敏感

 

毎日更新することはできることも多いですが、好きではないジャンルの記事を書くことに抵抗がある方は多いです。

好きなことで稼げることは1番の理想ですが、現実は厳しいです。

例えば、好きなことが「美容」である場合、既にたくさんの記事がありライバルも多いです。

つまり、見られる可能性が下がるということが分かりますよね。

しんぷく
私も全く稼げない時は「好きな記事」だけに執着していました。

もちろん好きな記事や得意なジャンルで書くことも大切です。

ただ「短期間で稼ぐ」ことはハードルが高く、知識や経験が重要になってきます。



全く稼げずに諦めるブロガーも大勢います。

トレンドブログを書く時は、好きな記事ではなく割り切って執筆できる方にオススメです。

しんぷく
私は、トレンドブログと専門ブログの2つを運営しています。慣れてきたら、複数サイトを運営することもできます。

トレンドブログの【書き方】

トレンドブログのやり方

トレンドブログの書き方をそこまで意識している人は少ないです。

というのも内容ではなく、記事のネタやタイトルで流入数がほぼほぼ決まるからです。

  1. 次回の「半沢直樹」は8/30放送。【倍返し】できるか!?
  2. 【倍返しだ!】次回の「半沢直樹」はいつもと違う!?

 

例えば、この2つのタイトルを見た時どちらの方が読みたいと思いますか?

私だったら②を選びます。

理由は「自分の知らない情報」を知れそう、ということと「何かが起きそう」というワクワク感があるためです。

このようにタイトル次第で流入は大きく変わります

私が1ヶ月で50,000円稼いだトレンドブログの書き方を解説します。


【記事のネタ】【キーワード】を決める

記事のネタ、キーワードを決める

記事のネタやキーワードの重要性はトレンドブログだけではないですよね。

私の場合は複数のサイトを見て選んでいます。

※クリックするとサイトにリンクします。

ついっぷるトレンドの場合はツイッターでバズっている投稿がアップされています。

その中から「書けそうな記事」をピックアップし、ネタを選定します。

例えば、運動が嫌いな方がトレーニング器具のことを書くことは難しいですよね。

ある程度の興味があるネタにすることで、全体構成のイメージが見えてきます。

全体構成のイメージがしっかりしていないとダラダラした記事になってしまいますよね。

まずは、興味があるカテゴリーをピックアップするところから始めましょう。

好きではないジャンルを書くこともありますが、「書けそうな記事」を選ぶことが大切です。

【読者】の気持ちを考えて記事を執筆

読者の気持ちを考えて執筆

特にトレンドブログは「読者の気持ち」を考えて記事を書くことがポイントです。

私はよく「ユーザーファースト」という言葉を使います。

正しい表現かは分かりませんが、専門ブログとトレンドの違いは以下の通りです。

  1. 専門ブログ
    Googleが好きな内容 > 読者が好きな内容
  2. トレンドブログ
    読者が好きな内容 > Googleが好きな内容

 

理由はSEO対策の優先順位に関係しています。

繰り返しになりますが、ライバルが少ないこととSNSでの流入数を増やすため、SEOの重要度は下がります。

デザインファーストビュー(ページ内の最初の画面)がポイントです。

私が意識している箇所は以下の3つです。

  • 読者が「知りたい情報」が出ているか
  • ただの煽り」になっていないか
  • 新しい情報」を発信できているか

 

まず上の2つは、ストレスがかかるブログの特徴です。

「広告ばかりでうざい」

「引っ張っておいて全然関係ない内容」

一度はこのような経験がありますよね。

しんぷく
広告だらけで記事がわからないとイライラしますよね。

ぶっちゃけ一時的に稼ぐことはできます。

しかし、多くても数回しか「その読者による収益がない」とも言い換えられます。

話を盛りすぎた結果、嘘がバレてしまったみたいなものです。

「興味を引かせる」=「話を盛る・嘘をつく」ではない

 

タイトル・アイキャッチ・ディスクリプションは正しい情報を伝えるようにしましょう。

せっかく見てくれたのに、2度と訪れなくなるのは悲しいですからね。

しんぷく
煽りの度が過ぎてしまうと叩かれてしまう可能性があります。

新しい情報を伝える」ことは説明不要ですよね。

1年前のトレンドをあえて書くことも懐かしさという観点では良いですが、基本的に今のトレンドを書きましょう。

【スマホ最適化】された記事を書こう

スマホ最適化された記事を書く

トレンドブログの読者は8割以上がスマホユーザーです。

SNSで調べたり移動時間にサラッと読むため、専門ブログよりも多い傾向があります。

「スマホ最適化」と書くと少しハードルが高く感じますが、ちょっとした工夫だけで構いません。

  • 改行をして見やすくする
  • ダラダラと文章を書かない
  • 装飾を使い分かりやすく

 

トレンドブログで稼ぐためには、長い文章は入りません。

写真やSNSの引用(次で解説)が中心です。

忘れてはいけないのは、読者は「新しい情報」を知りたいから記事を読んでいます。

学ぶためではありません。

見やすい記事ほど滞在時間が増えますし、離脱要素を削減することができます。

【SNSの引用】中心でOK

SNSの引用が中心でOK

記事はSNSの引用が中心で問題ありません。

 

トレンドを伝える時は、あなたの意見だけでは信憑性がそこまでありません。

色々な人のSNSや意見を掲載することで読者は納得します。

私の場合は、10以上の引用をしています。

肯定的な意見」「否定的な意見で引用を分類すると分かりやすいです。

  1. 冒頭文
  2. ネタの詳細
  3. みんなの反応(肯定的な意見)
  4. みんなの反応(不定的な意見)
  5. まとめ

 

ただ並べるだけでは、誰でも調べることができるため稼ぐことはできません。

トレンドブログは、「口コミまとめサイト」とも言えますね。

口コミサイトの運営者になった気分で、まとめてみましょう。

しんぷく
色々な意見を聞くことで新たな発見もあり楽しいですよ!



オススメの【タイトル】の付け方

オススメの【タイトル】の付け方

タイトルは非常に大切です。

ポイントは以下の3つです。

  1. 左詰めでキーワードを入れる
  2. キーワードを並べるだけにしない
  3. SNSで見られるタイトルにする

 

せっかくネタを見つけたのに、タイトルが曖昧だと流入されません。

流入されないということは稼げませんよね。

ちょっとした工夫で倍以上の結果になりますので、試して見ましょう。

上から順番に解説します。

 

【左詰め】でキーワードを入れる

左詰めでキーワードを入れる

例えば以下のキーワードを入れたい時に①と②では、どちらを選びますか?

「最新 スマホ 秋 発売」

  1. この秋に発売【最新】スマホ情報!
  2. 【最新】スマホ情報!秋に発売予定

 

この場合は②をオススメします。

①の場合は「秋 発売 最新 スマホ」と検索するユーザーを狙ったタイトルです。

このように検索する場合もありますが、ターゲットとするキーワードが変わってきます。

タイトルに入れるキーワードは左詰めで入れるようにしましょう。

キーワードを【並べるだけにしない】

キーワードを並べるだけにしない

キーワードはただ並べれば良いわけではありません。

先ほどの例をもとに考えてみましょう。

最新のスマホが秋に発売される予定

このようなタイトルの記事を見る気にはなりませんよね。

文章になっています。

【最新】スマホ情報!秋に発売予定

 

印象がかなり変わりましたよね。

タイトルはキーワードを並べるだけはなく、「思わずクリックしたくなる」内容にしましょう。

【SNSで見られる】タイトルにする

SNSで見られるタイトルにする

トレンドブログは、ここが大きく異なります。

稼ぐためには、SNSは必要不可欠です。

先ほどの例をSNSで見られるタイトルにすると以下のように変わります。

【#最新スマホ】秋に発売!新機能の○○がすごい!?

 

一気にトレンド記事っぽくなりましたよね。

ただSEO対策としては、効果が期待できないと思います。

しんぷく
私はこの方法で、1ヶ月で50,000円稼ぐことができました。

トレンドブログは専門記事とは異なります。

SNSで見られるタイトルを意識することがポイントです。

ここまできたらトレンドブログを始められますよね。

トレンドブログの【NG】なこと

トレンドブログのNGなこと

ブログだからと言って、何を書いても良いわけではありません。

以下のようなことがNGなことです。

  • 他人の写真を勝手に使用しない
    ※SNSの引用はOK
  • 誹謗中傷の記事を書かない
  • を書かない

 

運営をする上での最低限のマナーです。

特に誹謗中傷は、絶対にやめましょう。

確かに一時的な流入だけを考えるのであれば、批判した記事を書くことも考えられます。

しかし、書かれた人の気持ちを考えましょう。

数万円のために、「その人の人生を変えてしまう」可能性があります。

ブログは誰でも見ることができます。

慎重に記事を書くようにしましょう。

写真は肖像権の関係で勝手に掲載することはできません。SNSの埋め込みで紹介しましょう。

結論:トレンドブログは数万円は稼げる



やり方次第では、トレンドブログで稼ぐことができます。

ポイントをまとめると以下の通りです。

  • 記事のネタ(トレンド)を探す
  • 読者の気持ちを考えて執筆する
  • スマホの最適化をする
  • SNSの引用が中心でOK
  • タイトル・キーワードにこだわる
  • 誹謗中傷をしない

 

大変そうな感じがしますが、ぶっちゃけすぐに慣れます。

コツさえ掴めば、月に数万円は稼ぐことができるでしょう。

 

本記事で不明点がありましたら、気軽にツイッターのDM(@shinchannel0719)までご連絡ください。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。