ダイエット中のお菓子は食べて良いの?罪悪感を解消するために3つの対処法

ダイエット中のお菓子は食べて良いの?罪悪感を解消するために3つの対処法

ダイエット中についついお菓子を食べたくなることがありますよね。

というより、既に食べてしまったからこの記事を読んでいるかと思います。

最初にお伝えしておくことは、お菓子を食べたことは過去の話。

決して、お菓子を食べることが悪いわけではありません。

身体に悪いことは、他にもたくさんあります。

むしろ、今あなたの中で何かしらの罪悪感があり調べている時点でプラスになっているのではないでしょうか。

悩んだり、自分を責めることはやめて、これからどうしていくべきなのか考えていくことが大切です。

この記事ではダイエット中にお菓子を食べたときの対処法、運動とカロリーの関係性について解説します。



ダイエット中にお菓子食べて良いの?

ダイエット中にお菓子を食べて良いの?

ダイエットをしているときは、普段食べないものも意識してしまいます。

例えば、Youtubeで大食いの動画を見るのも同じですよね。

しかしお腹いっぱいでもう食べれないときは、ご飯の映像はあまり見たくなくなりますよね。

ダメと言われると、ついついそそられてしまう気持ちは痛いほどよく分かります。

では、ダイエット中にお菓子を食べると感じてしまう罪悪感の「なぜ」について解説します。

ダイエット中のお菓子はなぜ罪悪感を感じるの?

今、すごく罪悪感を感じていると思います。

何に対して思うのでしょうか。

周りの人?親?友人?

いいえ、あなた自信に感じることとお菓子はダメだという先入観があるためです。

お菓子を食べてしまったからと言って「自分はダメだ」と思い込みすぎることはよくありません。

むしろ食べたことで、あなたは1つ学びがありました。

ダイエット中にお菓子を食べたときの今の気持ちや感情

せっかく今の気持ちになれたので、この機会に同じ気持ちにならないための対処法を覚えましょう。

お菓子を控える理由は?

なんとなく分かると思いますが、カロリーが高い・脂質などの成分が多いことが理由となります。

軽いから大丈夫という方もいますが、実際は身体に脂肪として残ってしまうためオススメできません。

しかし、今ではカロリーオフだったり糖質カット、オーガニックのお菓子なども出てきています。

それに、カロリーの高い食べ物もありますよね。

必ずしもお菓子が完全にダメということではなく、比較的カロリーが高いため控えた方が良いということが理由です。



ダイエット中にお菓子を食べた場合どうすれば良い?

お菓子を食べてしまったら

恐らくあなたはダイエット中にお菓子を食べたか、食べるか悩んでいると思います。

食べたことをなかったことにすることは難しいですが、焦らず対処すればその分のカロリーを消費することができます。

食べた方はこれからやるべき対処法を、悩んでいる方は食べた後にどうすれば良いのか確認しましょう。

対処法1:お菓子を食べた分だけ運動をする

単純な方法ですが、お菓子を食べたカロリー以上の消費ができる運動をしましょう。

体重が減るということは、摂取カロリー < 消費カロリーということです。

たしかに摂取した成分が脂肪に変わることがありますが、数回食べたから命取りになるわけではありません。

運動と聞くとハードなトレーニングをイメージされる方も多いと思いますが、簡単に誰でもできる方法があります。

あなたにできそうな運動をすることをオススメします。

対処法2:カロリーを減らすサプリメントを飲む

カロリーを減らすサプリメントを飲む方もあります。

 

ただ、サプリメントの場合は飲み方や続けることで効果ができてきます。

お菓子を食べたことを後悔したり、我慢できない、それによってストレスが溜まる方にオススメです。

対処法3:食べたことを忘れる

食べたことはもう過去の話です。

お菓子を食べたことを忘れて前を向いて明るく過ごすことも大切です。

食べたことを後悔するよりも、食べた後に何をすべきなのか考える時間を今作れたことはあなたの人生で必ずプラスに働きます。

深く考えすぎずに前向きにいきましょう。

お菓子とダイエット運動の摂取・消費カロリーの比較

摂取カロリーと消費カロリー

お菓子のカロリーを消費するために運動はどのくらい必要なのか紹介します。

個人差がありますが、だいたいの目安となりますので、あなたが食べた(食べようとしている)お菓子があるか確認してみましょう。

じゃがりこは1時間歩くorランニング25分で消費

ランニングでカロリー消費

じゃがりこ1箱は味によって異なりますが、250〜300キロカロリーです。

運動で消費しようとすると1時間歩く(5.6キロ)または25分間のランニング(1.6キロ)くらい必要です。※個人差があります。

そう考えるとキツそうに感じますが、通勤や通学・スーパーに買い物に行っている間に案外消費されているものです。

ポテトチップスは自転車で9キロ走行で消費

ポテトチップス

ポテトチップスは種類が多く美味しいですよね。

1袋で250〜500キロカロリーです。

消費するためには自転車で9キロ走ることが必要ですが、電動自転車では効果がありません。

ランニングでは8キロ程度走ると消費されます。※個人差があります。

そう考えると少し厳しいですよね。

チョコレートは縄跳び1時間で消費

チョコレート

ホワイトチョコレートやイチゴなど色々な美味しい味がありますよね。

チョコレートは味によって異なりますが、100グラムでおよそ600キロカロリーです。

600キロカロリーを消費するためには、縄跳びを1時間やる必要があります。※個人差があります。

縄跳び1時間なら体育の授業でやった、と思いますが1人でやると案外きついですよね。

まとめ

お菓子を食べることは決して悪いことではありません。

それよりも食べたことにより、あなたが今、罪悪感を感じたりストレスに感じてしまうことが一番の問題です。

1人で悩まず落ち着いて、消費するために運動をしたりサプリメントを飲みましょう。

ダイエットの天敵はストレスです。

身体に負担をかけすぎず、楽しくすることが大切です。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。