簡単にできる糖質制限ダイエットのやり方を徹底解説【カロリー調整】

【カロリー調整】 簡単にできる 糖質制限ダイエットのやり方

最初にお伝えしておくと、糖質制限ダイエットはきついです。

ただ運動が苦手な方でもダイエットが成功しやすいです。

つまり、正しいやり方と気をつけることを把握することで、あなたも理想の体型に近づけることができます。

この記事でわかることは以下の通りです。

  • 糖質制限で痩せる仕組み
  • 糖質制限ダイエットのやり方
  • 減らすべき食べ物
  • 食べても良い食べ物

 



“カロリー調整”で簡単にできる【糖質制限】ダイエット

カロリー制限

スーパーやコンビニで、「糖質オフ」「糖質カット」と書かれているものを見たことがあると思います。

逆に「糖質アップ」という商品は見たことがないですよね。

この説明だけですと「糖質=悪いもの」と解釈してしまいがちですが、ただ糖質を控えれば痩せるわけではありません。

正しい意味と仕組みについて理解しましょう。

糖質制限ダイエットとは

文字通り「糖質を控えて体重を減らす」ことです。

低炭水化物ダイエットとも言い換えます。

低炭水化物ダイエットとは、肥満や糖尿病の治療を目的として炭水化物の摂取比率や摂取量を制限する食事療法の一種である。「低糖質食」「糖質制限食」、「炭水化物制限食」「ローカーボ・ダイエット」とも呼ばれる。炭水化物が多いものを避けるか、その摂取量を減らす代わりに、タンパク質と脂肪が豊富な食べ物を積極的に食べる食事法である。

引用元:Wikipedia

つまり、普段食べているもののカロリーを減らし、体重を減らすことをいいます。

体重が減る仕組みは消費カロリーの方が摂取するカロリーより多いと成り立ちます。(※)

消費カロリー > 摂取カロリー(※)

※個人差があります。

なぜ糖質制限すると痩せるの?

なぜ糖質制限すると痩せるの?

摂取カロリーを控えれば痩せるという仕組みになりますが、糖質とカロリーの関係について説明します。

前提として、カロリーを減らすための手法の1つと考えましょう。

栄養素には大きく分けて、以下の3種類があります。

タンパク質・脂質・糖質

 

タンパク質は筋肉をつけたりダイエット期間中にも欠かせない成分ですので、減らすわけにはいきません。

となると、脂質か糖質のいずれか又は両方を減らす必要がありますよね。

糖質は比較的カロリーが高い傾向があります。

そのため、糖質を制限しダイエットをする方が多いです。

シンプルなダイエット方法ですよね。

私も糖質を控えたダイエットをしていましたが、とにかくお腹が空きました。

何も考えずに減らしてしまうと、お腹が空いて何もできなくなったり、かえって体重が増えてしまう可能性があります。

糖質制限をしてお腹が空いた時にやるべき行動はこちらの記事で紹介しています。



糖質を制限するオススメの食べ物・控えてはいけないもの

糖質制限ダイエットの食べ物

糖質を減らすためにオススメする食べ物を紹介します。

なんとなく減らすのではなく目的をもつことで、体調を崩したりストレスに感じることを緩和させることができます。

【糖質制限のオススメ】ご飯・パン・野菜(一部)など

炭水化物は控えよう

ご飯・パン・ラーメン・パスタなどを減らした方が良いイメージがありますよね。

炭水化物のほとんどは糖質でできています。

ここで豆知識です。

実は野菜の中でも糖質が多い食べ物があります。

ニンジン・イモ・カボチャ・トウモロコシなど

 

ご飯を食べなければ糖質制限ができるというわけではないので、勘違いしないようにしましょう。

ただご飯を炊くときに入れるだけで糖質が半分になる商品もありますのでチェックしましょう。

 

【控えるべきではない】肉・魚・乳製品など

肉や魚は摂りましょう

お肉や魚類はタンパク質が多く含まれているため、積極的に摂るべき食べ物です。

タンパク質は筋肉をつくるため、減らす必要がない

 

脂質や糖質も含まれていますが、炭水化物と比較すると少ないためそこまで気にする必要はないです。

チーズやヨーグルトといった乳製品もタンパク質が豊富なため、気分転換に食べる方も多いです。

そのほか、プロテインは糖質を抑え高タンパク質の商品が多いです。

ただし飲み方には注意が必要ですので、あなたに合った商品を選びましょう。

【疑問を解決】お菓子は食べて良いの?

糖質制限中のお菓子は、控えましょう。

 

ただし、何をお菓子と考えるかで変わります。

先ほど紹介した通りチーズやヨーグルトをお菓子として考えるのか、スナック菓子を食べるのか。

チーズやヨーグルトであれば問題ありませんが、スナック菓子は糖質が多いため気をつけましょう。

なお今は糖質やカロリーを抑えた商品も開発されています。

詳しくは以下の記事で紹介していますので確認してみてください。

結論、糖質制限するときの食べ物には気をつけよう

糖質制限ダイエットの結論

ただ糖質を控えるだけでは、体重が減ったとしても一時的なものだったり体調を崩す可能性があります。

ご飯やパンなどの炭水化物を減らせば良いわけではありません。

タンパク質を取り入れ、栄養素のバランスを整え続けていくことが大切です。

紹介した糖質やカロリーを抑えるオススメの商品もありますので、もしやり方に困っていたり辛い方は試してみるのも良いです。

健康第一で、なぜ糖質制限をしているのか忘れないようにしましょう。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。