SNSで話題のスムージーとは?今さら誰にも聞けないトレンド事情

SNSで話題のスムージーとは?今さら誰にも聞けないトレンド事情

数年前からスムージーブームができていて、朝食をスムージーにしたりダイエットでも活躍しています!

ということは、なんとなくご存知かと思います。

しかし、この記事を見ているあなたは「今さらスムージーが何か聞けないよ」そう思っているはずです。
友達が飲んでいるから、娘のプレゼントに、彼女が好きだからなど色々な理由があると思います。

この記事では以下のことが分かります。

  • スムージーがなにか
  • スムージーのメリット・デメリット
  • みんなに人気のオススメスムージー

 

聞くのは恥ずかしいけど、知りたいという方にオススメの内容です。
1分程度で読めるので、この機会に覚えちゃいましょう。



スムージーとは

スムージーとは

まずは、なぜスムージーと呼ばれるか理解しましょう。

ちなみに私はスムーズに飲めるからスムージーと呼ばれていると思っていました。

恐らく同じことを考えた方も多いのでは?
当たり前のように飲んでいる方も名前の由来を知らない方も多いと思います。

知っていると雑学王になった気分で、悪い気はしませんよね。
果たして合っているのか、答え合わせをして人より多く知識をつけちゃいましょう。

スムージーの名前の由来は?

答えは、ほぼ合っています。

英語のスムーズ(smooth)が語源で、凍らせた野菜や果物を水や牛乳などと一緒にミキサーで混ぜて作るためスムージーと呼ばれています。

ただ勘違いしてはいけないのが、「サクッと飲めるから」ではなく「食感がスムーズだから(身体の中にスムーズに入るから)」という意味です。
もし由来を知らない方がいましたら、教えてあげるのもアリです!

スムージー(Smoothie)は、凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物である。クラッシュドアイス(砕いた氷)を使用したフローズンドリンクやフローズンカクテル、アイスクリームと牛乳で作るシェイクなどにも似ているが、こちらは材料そのものを凍らせて使用する[1]。フルーツジュース、アイスクリーム、チョコレートやシャーベットなどが甘み付けや見た目を良くするために入れられる事があるが、糖分や脂質を多く含むため幾つかの健康リスクが上昇することとなる

引用元:ウィキペディア

実はアメリカが発祥地

日本人でも流行していますが、実はアメリカ発祥の飲み物で1900年代には生まれていたんです。

当時アメリカでは家電が普及されました。

冷蔵庫やミキサーを使う家庭が増え、その時に人々のアイディアでできたと言われています。

今では当たり前になりつつありますが、ミキサーで混ぜたものを料理に入れるのではなく飲み物にする斬新なアイディアが今でも続いているということです。

もしかしたら、あなたのアイディアも後世に残せるかもしれませんよ。



スムージーを飲む3つのメリット

スムージーメリット

では、スムージーを飲むメリットはなんでしょうか。

大きく分けて3つのメリットがあります。

※メリットだけでなく、デメリットも確認する事をオススメします。

普段食べない部分の栄養素がたくさん摂れる

スムージーの1つ目のメリットはこちらです。

普段食べない部分の栄養を摂ることができる

 

というのも、野菜やフルーツをそのままミキサーに入れて使うため、皮や種などに含まれる栄養素が摂れるためです。

実は皮や種には多くの栄養素が含まれています。

例えば、りんごやオレンジは果肉よりもビタミンCや食物繊維が含まれています。

そのため、スムージーは普段食べるフルーツよりも栄養が摂れるということです。

野菜が苦手な方でも美味しく飲める

2つ目のメリットはこちらです。

野菜嫌いな方でも美味しく飲める

 

野菜と聞くだけで抵抗がある方もいますよね。

しかし、スムージーなら味を変えることができます。

フルーツや牛乳、ヨーグルトなどあなたの好きな食べ物と一緒にすることで嫌いな野菜も美味しく感じます。

よくサプリメントを飲んで不足している栄養素を摂る方もいますが、スムージーだけでも十分摂取することができるのでオススメです。

ダイエット効果で痩せることも

スムージーの3つ目のメリットはこちらです。

ダイエット効果がある

 

やり方は色々ありますが、1食をスムージーに変える方法が王道です。

スムージーも飲み過ぎてしまうとかえって太ってしまう可能性がありますが、余分な栄養素を除き必要な分だけ摂取できるためオススメです。

 

スムージーのデメリットは2つ

スムージーのデメリット

ここが非常に大切です。

メリットだけを見てしまうと、どうしても良いものだと先入観が強くなってしまいます。

何事にも必ずデメリットがあります。

購入を考えている方は、デメリットもきちんと把握してからにしましょう。

身体が冷えてしまう

スムージーは氷を入れて飲むことが多いため、身体が冷えてしまう場合があります。

朝飲む方が多いのですが、朝起きてすぐに飲んでしまうと身体が冷えてお腹が痛くなったり、気分が悪くなる可能性があります。

しかし、あなたの体調に合わせて飲んだり、常温にしてから飲めば解決できる問題でもあります。

アレルギーになってしまうことも

スムージーを飲む時に、同じ食材を入れ続けてしまうと偏った栄養素になってしまい「遅延型フードアレルギー」になる可能性があります。

「遅延型フードアレルギー」は、すぐに湿疹が出る即効型とは異なり、数時間から数週間後に出てきます。

スムージーを飲むときはバランスを考えて摂取することが大切ですね。

みんなに人気のオススメスムージー

もぎたて生スムージー

スムージーについて理解してきたと思いますが、初心者向けの人気のオススメスムージーを紹介します。
ただし、味の好みや好き嫌いもあると思いますので、色々なスムージーにチャレンジしてみるのもOKです。

オススメのスムージーはこれ

はるな愛さんがキャスティングされている【もぎたて生スムージー】はSNSでも今注目されています!

特徴としては、女性がほしい栄養素を全て入れた生スムージーということ。

甘すぎないMIXベリー味が、毎日飲んでいても飲み飽きないということでも有名です。

もぎたて生スムージーは豊富な栄養素が特徴

味が美味しくても栄養素が含まれていないと意味がありません。

このもぎたて生スムージーには多くの栄養素が含まれていて、1食17カロリーということも特徴の1つです。

  • レタス1.3個分の食物繊維
  • キウイ58.8個分のビタミンB1
  • イチゴ87.5個分のビタミンB6
  • ピーマン26.5個分のビタミンA など

 

 

今なら期間限定キャンペーン実施中

期間限定の値引きキャンペーンも実施しています。

通常5,980円(30日分)が、今なら初回1,980円(30日分)
※定期コースの場合

 

もし、スムージーを飲んだことがない方がなく、これからチャレンジしてみたい方は試しに飲んでみても良いかもしれませんね。

 

まとめ

スムージーはダイエット効果や多くの栄養素を取り入れられるため、今SNSなどでも話題です。

朝食代わりにすることが多いですね。

ダイエット初心者や美容に気を使いたい人にオススメです。

その一方でデメリットも2つあります。

新しいことにチャレンジするときは必ずデメリットも確認しましょう。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。