彼女が欲しい男性必見!女性にモテるための4つのコツを徹底解説!

彼女が欲しいけれど、出会いがなかったり、モテなかったり、悩んでいませんか?

実は女性にモテるためには、4つのコツを抑える必要があるのです。

この記事では、彼女が欲しい男性向けに、女性にモテるための4つのコツを徹底解説します。

彼女が欲しいと悩んでいる男性は、是非参考にしてみてください。

彼女がいる・モテる男性の特徴

まずは、彼女がいる男性や、モテる男性の特徴を確認しましょう。

  • 清潔感がある
  • カッコよくなる努力をしている
  • 余裕がある
  • 誰にでも親切で丁寧 …など

ここで勘違いしてはいけないことが
「イケメンじゃない=モテない」という訳ではありません。

例えば、イケメンでも清潔感がなく同じ服を何日も着ていたり、食事のマナーができない方はあまり印象は良くないですよね。

逆に言えば、イケメンじゃなくてもモテる特徴や女性に好まれやすい特徴に当てはまれば、誰でもモテるようになり、彼女を作ることができるのです。

彼女ができない・モテない男性の特徴

次に、彼女ができない男性や、モテない男性の特徴を確認しましょう。

  • 清潔感がない
  • ファッションセンスがない
  • 会話が下手・聞き下手
  • 品がない
  • 気が遣えない …など

例えイケメンであっても、上記の特徴に当てはまると、女性からはモテない方が多いです。

その中で特に会話が下手・聞き下手な方はモテない傾向にあります。
ということは、女性の話を聞くことが上手になればモテたり、彼女ができる可能性が高いです。

では、話を聞くことが上手(聞き上手)な男性はどのような特徴をもっているのでしょうか。
詳しく解説します。

聞き上手な男性の3つの特徴

自分では聞き上手と思っていても、実は相手に不快感を与えたり、「本当に聞いているか」不安に思わせてしまう場合があります。

あくまで代表的な例ですが、3つの特徴を紹介します。

  1. 表情が豊かで明るく、オーバーリアクション
  2. 話を共感し、最後までしっかり話を聞く
  3. 聞き返しや質問が的確で、自分ごととして考えている

相手の女性によって、「何を求めているか」が変わる場合もありますが、この3つを抑えることで安心感を与えることができます。

表情が豊かで明るく、オーバーリアクション

例えば、自分が話をするときに相手が無表情だったら「本当に聞いているか」不安になりますよね。

逆に嬉しいときに一緒に喜んでくれたり、笑顔になったらどのような気持ちになりますか?

その時の感情が共有されて、喜びが倍になった気分になりますよね。

それは女性も同じです。
モテる男性ほど、表情が分かりやすく、豊でリアクションが大きい傾向があります。

悲しい話を聞いた時は、俯いた表情をしたり、嬉しい話を聞いた時はニコッと笑ったり。

表情を豊かにすることで、きちんと話を聞いてくれているんだ、また話したいなという感情になります。

話を共感し、最後までしっかり話を聞く

話を聞いていると、自分の意見を言いたくなるタイミングってありませんか?

「自分はこう思う」「自分だったらこうだな」と口出ししたくなると思います。

しかし、女性は最後まで話を聞いて欲しいから話をします。

途中で話を遮ってしまうと、「本当にこの話をしたかったのにな」など逆にモヤモヤさせてしまう場合があります。

モテる男性は最後までしっかり話を聞き、結論が出てから話を切り出します。

話したい気持ちをグッと堪えてまずは話を最後まで聞くことを心がけましょう。

聞き返しや質問が的確で、自分ごととして考えている

しかし、モテない特徴に当てはまっているかは、自分では気が付きにくいものです。なので、家族や友人など、人に相談・確認してみましょう。モテない原因に気が付くことができます。

そして、モテない原因がわかったら、モテるコツを確認・実践してみましょう。モテる4つのコツを順番に解説するので、是非参考にしてみてください。

女性にモテるコツ① 出会いを増やす

1つ目の女性にモテるコツは「出会いを増やす」です。普段話さない女性に話しかけたり、出会いの場に行ったり、女性との出会いを増やす努力をしましょう。

モテる男性の特徴に当てはまっていても、女性との出会いがなければ彼女を作ることはできません。また、待っているだけでは彼女はできません。自分から積極的に行動しましょう。

女性との出会いを増やすのに、オススメなのが恋活アプリです。

スマホ・PCがあれば好きな時に恋活ができます。また、男性との出会いを求めている女性が登録しているので、短期間で女性と出会える可能性が高いです。

今回は、特にオススメの恋活アプリを2つ紹介するので、是非参考にしてみてください。

彼女が欲しい男性にオススメの恋活アプリ① ペアーズ

1つ目のオススメの恋活アプリは「ペアーズ」です。

累計1,000万人以上が利用している、日本最大級の恋活アプリです。
月額3,590円から利用することができます。

ペアーズは他の恋活アプリよりも会員数が多いため、好みの女性に出会える可能性が高いです。

ペアーズは「恋人が欲しい」会員以外に、「結婚相手を探している」「異性の友達が欲しい」など、様々な会員がいます。
とりあえず出会いを増やしたい男性は、登録しておくのがオススメです。

彼女が欲しい男性にオススメの恋活アプリ② with

2つ目のオススメの恋活アプリは「with」です。

20代を中心に、毎日約1,000人が登録している恋活アプリです。
月額3,600円から利用することができます。

withには、メンタリスト・DaiGoが監修している心理テストや性格診断の結果から、相性の良い相手を紹介してくれる機能があります。

彼女にしたい女性に対して、内面や価値観の一致を重要視している男性にオススメの恋活アプリです。


女性にモテるコツ② 外見を磨く

2つ目の女性にモテるコツは「外見を磨く」です。

髪型、肌、眉毛、髭、服装、体型など、清潔感のあるカッコいい男性になるように、外見を磨きましょう。

外見は、その人の第一印象を決めます。
そのため、内面がステキな男性であっても、外見が不潔でだらしないと第一印象は悪く、女性は相手にしてくれません。

髪・眉毛・髭は整えて、毎日スキンケアを行い、服は汚れや皺のない物を着ましょう。

体型は、少し筋肉質な方がモテる傾向があります。ダイエットや筋トレをしましょう。

万人ウケするファッションの方がモテる

「カジュアル」「キレイめ」「サロン系」「お兄系」など、様々なファッションがありますが、女性にモテたい場合は「カジュアル」「キレイめ」のような、シンプル&清潔感を意識した服を着るようにしましょう。

無地のパーカーや、Tシャツ+テーラードジャケットなど、万人ウケする服がオススメですよ。

一方、腰パンや過度やアクセサリー、ダボダボな服、ダメージジーンズ、主張が激しいブランド品は女性ウケが悪いので、身に付けるのを控えた方がいいでしょう。

女性にモテるコツ③ メール・LINEを活用する

3つ目の女性にモテるコツは「メール・LINEを活用する」です。

女性と会えない時間は、メールやLINEを上手く活用して、女性の気を惹きつけましょう。

まずは、同時に複数の女性と連絡をとるようにしましょう。
1人の女性に執着すると、上手くいかない時に心の余裕がなくなってしまうからです。
ただし彼女ができたら、ケンカの原因になるので止めましょう。

次に、メッセージを送るペースは女性に合わせるようにしましょう。返信のテンポが合うことで、女性に「この人と相性が良いかも」と思わせることができますよ。

最後に、「~です、ます」「~だね」など、誠実な話し方を意識しましょう。

「~っす」「~だわ」など、砕けた話し方だと、「チャラそう」など悪い印象を与えてしまいます。

女性にモテるコツ④ レディファーストを心掛ける

4つ目の女性にモテるコツは「レディファーストを心掛ける」です。

女性と話している時やデートの時は、レディファーストをするように心掛けましょう。

なぜなら、彼氏に対して「頼りたい」「甘えたい」と考える女性が多いからです。
そして、レディファーストをすることによって、女性に「頼れる男性」という印象を与えられるのです。

男性が車道側を歩いたり、ドアを開けてあげたり、レディファーストをして、「責任感がある」「自信があって堂々としている」など、頼れる男性という印象を女性に与えましょう。

ただし、レディファーストをする際は、必ずさりげなくスマートに実践しましょう。

わざとらしく見えると、「下心がある」「人を選んでやっていそう」など、レディファーストをしたのに悪い印象を与えてしまいます。

おわりに

以上が、彼女が欲しい男性向けの、女性にモテるための4つのコツの解説でした。

「自分はイケメンじゃないからモテない」と悩んでいる男性は、女性にモテるコツを知らないだけかもしれません。

コツを知って、実践できれば誰でもモテる可能性があるのです。

なので、彼女が欲しいと考えている男性は、早速行動してみましょう。

上手くいけば、短期間でステキな彼女ができるかもしれません。


コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。