Pinterestの特徴って?Instagramなど【他のSNSとの違い】を徹底解説

Pinterestの特徴って?Instagramなど【他のSNSとの違い】を徹底解説

最近、人気が出ているPinterest

インスタグラムのように気軽に映え写真を見ることができます。

「〜しながら」活用できることも特徴で、特に20代〜40代の女性に人気です。

この記事では、以下のことがわかります。

  • Pinterestの特徴
  • Pinterestの登録ユーザー層
  • 他のSNS(Instagramなど)との違い

 

女性だけでなく、男性にも人気が出てきています。

今のうちにPinterestに登録して先駆けすれば、SNSビジネスやバズりがあるかも!?

しんぷく
私のような男性でも登録は簡単にできました!

今さら聞けないPinterestの特徴や他のSNSとの違いを徹底解説します。



Pinterestの特徴を知る前に【最初にチェック】

そもそも「Pinterest」はどのようなサイトでしょうか?

Pinterest(ピンタレスト)は、ピンボード風の写真共有(英語版)ウェブサイトでユーザーはイベントや興味のあること、趣味などテーマ別の画像コレクションを作成し管理することができる。また、他のピンボードを閲覧して自身のコレクションか「好み」の写真として画像を「リピン」することもできる。 

引用元:Wikipedia

一言でまとめると、WEBサイトや画像(Pinterest上)を自分のボードに集めることができる機能があるサイトです。

Pinterestはボードの写真をピンで止める

後ほど説明しますが、Instagramとは全く別のサイトです。

Pinterest独自の特徴も多数あります。

PinterestはInstagramのようなSNSなの?実は・・・

PinterestはSNSなの?

先に結論をお伝えすると、

Pinterestは、SNS(ソーシャルメディア)ではありません。

確かに情報発信という立ち位置では同じですが、コミュニケーションツールとは少し異なるツールです。

しんぷく
先ほどより「サイト」とお伝えしているのは「SNS」と異なるためです。



登録ユーザー層【性別・年代】

Pinterestの登録ユーザー
ユーザー数 530万人
割合 男性20% 女性80%
メイン属性 20〜30代女性

※2019年時点

Instagramが3,300万人ですので、まだまだ登録数は少ないものの将来性は見込めます。

大半が女性(Instagramは68%)です。

女性をターゲットにした企業や商材が多く投稿されています。



Pinterestの【特徴・機能・違い】

Pinterestの特徴

Pinterestの特徴・機能は大きく分けて2つです。

  1. ピン(Pin)
    →Pinterest以外のWebサイトにある画像を自分のボードに収集
  2. リピン(Repin)
    →他のユーザーがピンしてPinterest上に保存した画像をピン

 

ピンが多く分かりにくいですよね。

簡単にまとめると、以下の通りです。

  • ピン:自分で画像をアップすること。
  • リピン:他のユーザーの画像をブックマークすること。

 

フォロワーを増やすというよりは、ブックマークユーザーを増やすということです。

リピンでブックマークできる

見解はさまざまだと思いますが、

「ブランディング < クリエイティブ」

が当てはまる媒体だと思います。

つまり「誰が」買っている・紹介しているという概念は薄れ、フラットな立ち位置になることが言えます。

アクセス数もアップする!【ストレスフリー】

PinterestはWebサイトにアクセスも可能

PinterestはWebサイトへのサクセスもできます。

クローズドされた商品や商材の販売をする方にはオススメです。

例えば、Pinterestユーザー限定キャンペーンもできますよね。

なお、画像をタップしてもアクセスできるため流入数を増やす期待もあります。

いちいち検索する必要がなく、ストレスフリーでアクセスできることは非常にメリットですよね。

  • Instagramの場合

    スクショ → 後日検索 →アクセス
  • Pinterestの場合

    リピン → アクセス(検索の手間が省ける)

 

しんぷく
Pinterestだとすぐアクセスできるから便利です

 

Pinterestの立ち位置・特徴【Instagramとの違い】

Pinterestの立ち位置

では、Pinterestはどの立場になるのでしょうか。

私はブックマーク機能として活用できると思います。

例えば、「お金が貯まったらこれを買おう」とブックマークすることと同じです。

イメージは、画像で検索できるツールですね。

媒体 Pinterest Instagram Facebook Twitter
ターゲット 将来の
情報収集
過去の
投稿
過去の
投稿
現在の
投稿
購買
意欲
低〜高

 

リピンされると自分のボード(マイページ)に表示されるため、再訪問は非常に高いです。

他の投稿で埋もれてしまうリスクも回避できるため、Twitterのように複数回ツイートする必要もなくなります。

※掲載順のロジックは調査中です。



Pinterestに登録するメリット・デメリット

Pinterestを登録するメリット

Pinterestに登録するメリット・デメリットをまとめました。

メリット ・簡単に投稿できる(画像・テキスト・URL)
・リピンで再訪問されやすい
・先駆けできる可能性がある
デメリット ・タテ画像を作る必要がある(横でも可能)
・登録ユーザーが少ない
しんぷく
再訪問されやすいのは嬉しいですよね。すき間時間に投稿もできます。

 

投稿するときは、タテ画像がオススメです。

横画像(ブログのアイキャッチやTwitter画像)でも問題ありませんが、インパクトがあるのはタテですね。

画像
(推奨)
2:3 または 1000×1500
※超える場合は表示されない場合がある
容量 最大32MB
ファイル PNGまたはJPGE
タイトル 100 文字以内。
無しの場合は、ピンの説明文が代わりに表示
説明文 500 文字以内。
最初の 50〜60 文字がユーザーのフィードに表示

 

【感想】Pinterestを活用して

ピンタレストの感想

実際にPinterestを活用して、私が感じたことは以下のとおりです。

  • サイトのアクセス(タップのみ)がしやすい
  • ブックマークできるから後日も忘れない
  • 投稿は簡単(Instagramと同じくらい)
  • 1枚で伝えることが難しい
  • 海外の投稿が多い(日本はこれから?)
  • 外国の方向けの商材は合うかも

 

実際、日本ではまだまだ普及されていませんが、今のうちに取り組んでおいて損はないです。

やはり、ブックマーク機能(リピン)が非常に効果的ですね。

また画像が映えていることに越したことはありませんが、一目で分かる「見やすさ」を重視しましょう。

Instagramとは異なり、フィードには複数の写真がアップされています。

分かりやすさがリピン獲得のヒントです。

しんぷく
「映え」というよりは「見やすさ」重視で投稿しましょう

結論:Pinterestの特徴は【リピン】

Pinterestはリピンが特徴

ピンタレストの最大の特徴は「リピン」です。

ユーザーがリピンすれば再訪問の確率は上がりますし、流入も見込めます。

検索するときも楽ですよね。

日本ではまだまだ普及していませんが、将来的に「画像検索」がメインになる可能性があります。

今のうちに先駆けしておくことをオススメします。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。