筋肉痛の予防・治し方!運動後の3つの方法で辛い思いから脱出

筋肉痛の予防・治し方!運動後の3つの方法で辛い思いから脱出

運動をしただけでなく、重い荷物をもったり、いつもと違う事をやると筋肉痛になることがありますよね。

あれ、すごく痛いですし気分が悪く感じる方も多いです。

しかし、筋肉痛の予防と緩和するやり方を覚えれば、あなたも今日から身体が楽になります。

この記事では以下のことが分かります。

  • 筋肉痛の予防方法
  • 筋肉痛の緩和するやり方

 

1秒でも早く楽になりたいと思いますので、早速チェックしていきましょう。



筋肉痛の原因

筋肉痛の原因

筋肉痛ってなぜなると思いますか?

「そりゃ筋肉を使ったから」

そりゃそうですよね。

当たり前ですが、答えはYesです。

しかし、あなたは今きつい思いをしています。

筋肉痛の仕組みが分かれば緩和することもできますし、人によっては筋肉痛が好きになるかもしれません。

当たり前の事を正しく理解する事で、プラスに働きかけることが可能です。

ここで筋肉痛の種類と原因について知識をつけましょう。

筋肉痛の種類は2つ

筋肉痛は、1つだと勘違いしている方が大半です。

というより、私もスポーツをしていましたが、大人になるまで知りませんでした。

実は2種類の筋肉痛があります。

  1. 遅発性筋肉痛
    →運動や筋肉を使ってから数時間以降(翌日が多い)に起こる筋肉痛
  2. 即発性筋肉痛
    →運動や筋肉を使ってすぐに(最短で運動中)起こる筋肉痛

 

ほとんどの場合は、遅発性筋肉痛が当てはまります。

朝起きた時に、全身が痛かったり体がつりそうになるのは何とかしたいですよね。

筋肉が伸びると筋肉痛になりやすい

筋肉を使うと筋肉痛になるということは分かりますよね。

運動をしている時、重いものを持ち上げる動きは筋肉が縮み、重いものを下ろすときは筋肉が緩んで伸びます。

実は負荷がかかりやすいのは重いものを下ろすときの筋肉が緩むタイミングです。

普段運動をせずに急にハードなトレーニングをすると筋肉痛がひどくなることは、慣れていない筋肉が急に負荷がかかりすぎることが原因です。



筋肉痛を予防する3つの方法

筋肉痛の予防

既に筋肉痛になっていてすぐに治したい方は、ここは飛ばしてください。

しかし、同じような筋肉痛の辛さを味わいたくない方は次は予防をしっかり行いましょう。

さて、筋肉痛には予防ができます。

私がオススメする3つの方法を紹介しますので、早速実践しましょう。

ウォーミングアップをしっかり行う

運動前に必ずウォーミングアップをしましょう。

ウォーミングアップをすることで血行が良くなり、筋肉痛が緩和されます。

やり方はウォーキングラジオ体操がオススメです

「え?ラジオ体操?」と思う方もいると思いますが、全身の筋肉を動かしウォーミングアップには最適な動きが多いです。

そして、あくまでウォーミングアップです。

いきなりハードな運動をしてしまうと、また辛い筋肉痛になってしまうので、焦らず筋肉を伸ばすことに集中しましょう。

 

ぬるま湯のお湯に浸かる

ぬるま湯に浸かる

運動をした後に、38〜40℃のぬるま湯につかりましょう。

時間としては30分以上入る事をオススメします。

長い時間、湯船に浸かることが苦手な方は半身浴でも構いません。

30分以上入ることがポイントです。

身体を温めることで、血行が良くなり痛んでいる筋肉がほぐれます.

血行が良くなる=筋肉がほぐれる

 

このように覚えておきましょう。

水分をしっかり摂る

水分をしっかり摂ることもオススメです。

これも血行を良くするためです。

運動をすると汗をかきますし、トイレで体内の水分が出てしまいます。
そのため、スポーツドリンクや吸収の良い水を飲みましょう。



3つの筋肉痛の治し方

筋肉痛の治し方

筋肉痛は、あなたの行動次第では緩和させたり痛みを和らげることができます。

オススメの方法を3つ紹介しますので、筋肉痛で辛い方は今すぐ実践しましょう。

温めて血行を良くする

筋肉痛の予防と同じですね。

温めることで血行が良くなり、筋肉痛が緩和します。

湯船に入る時は身体を芯から温める ミネラルバスパウダー を入れるとより効果的です。

夏場はお風呂上がりにクーラーで冷えた部屋にいたり、暑いからといって薄着でいると、せっかく温まった身体が冷えてしまうので注意が必要です。

睡眠をとって身体を休める

睡眠は非常に重要です。

筋肉の疲労を回復するには、質の高い睡眠をする必要があります。

寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、これが筋肉を回復させる働きがあります。

もし、夜中に起きてしまったり、なかなか寝れない場合は枕や環境が悪いのかもしれません。

睡眠は環境を変えるだけで、質を大きく変えることができます。

筋肉痛で生じる首・肩・腰の痛みを寝てるうちに治したい場合は、今すぐ変えていきましょう。

ビタミンB1を摂る

ビタミンB1は筋肉の疲労回復やエネルギー回復に必要だと言われています。

豚肉や鶏肉、大豆、かつお節などにビタミンB1は多く含まれています。

近くのスーパーで気軽に購入できますので、運動した後は積極的に取り入れるようにしましょう。

ただ、運動した後に時間がなかったり、疲れて動きたくない場合はプロテインやサプリメントで摂取しても良いでしょう。

今ですと、キャンペーンで先着300名様限定【初回980円(税抜)+送料無料】『ミリオンパワーSG』がオススメです。

期間限定かつ先着順ですので、まずは詳細をチェックしてみましょう。

 

どうしても筋肉痛が治らないなら

筋肉痛が治らない

あまりオススメしませんが、どうしても筋肉痛が治らず、生活に支障が出たり我慢ができない場合はロキソニンなどの鎮痛剤を飲む事をオススメします。

ただし、一時的な処置にすぎません。

※痛み止めのため、薬の効果がある間はやわらぎますが、根本的な解決にはなっていません。

例えば、大事な会議やデート前など、どうしても万全で挑みたいときは飲んでも良いでしょう。

まとめ

筋肉痛は予防と治し方を知っていれば、今の辛い生活よりだいぶ楽になるでしょう。

運動の前後は、予防と緩和を徹底することが大切です。

運動することは良いことですが、運動をするまでがゴールではありません。

あなたの大切な身体です。

少しでも回復スピードが上がるよう本日紹介した3つのやり方を今日から実践してみましょう。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。