健康保険の手続きを徹底解説【退職後の手続き1】

健康保険の手続きを徹底解説
退職後の健康保険の手続き・申請方法を徹底解説します

会社を退職した後に何をすべきかわかりますか?

保険・年金・税金をどのように手続きをすれば良いのか。
特に今は新型コロナウイルスの影響もあり、仕事が変わったり新しくチャレンジする方も多いと思います。

私も会社を退職した際、何をすべきかわかりませんでした。

情報はネットのみ。
しかし色々な情報が拡散しているため、何を信じれば良いのか不明で更に不安な気持ちになりました。

最初に結論をお伝えすると、退職後の手続きは大きく分けて3つあります。

  1. 健康保険の加入・申請手続き
  2. 年金の加入・申請手続き
  3. 住民税などの税金の支払い

今回は①健康保険の加入・申請手続きについて徹底解説します。

会社を退職後の健康保険の手続き

退職日の翌日から会社(勤務先)で加入していた健康保険は使えません。
必ず退職日までに会社に返却するか、有給消化している・会社に出社しない場合は上司・人事・総務部に確認の上、郵送にて返却をしましょう。

まず退職する理由は大きく分けて3つに分類します。

退職する理由
  1. 転職先が決まってすぐに転職する場合
  2. 転職先は決まっているものの期間があく場合
  3. 転職先が決まってない場合

②転職先は決まっているものの期間があく場合、③転職先がきまっていない場合は、任意継続被保険者制度の利用国民健康保険への加入のための手続きが必要です。
健康保険に加入をせず、仮に事故や病気で病院で診察を受けた場合、高額な金額を支払う必要になってしまいます。
※病院で3割負担と聞く方も多いと思います。健康保険の加入で7割の金額が引かれますので、健康保険の加入はオススメします。

あなたは何が当てはまるか確認しましょう。

すぐに転職する場合の健康保険

転職先で新しい保険証を発行手続きをします。
手続きには基本的にマイナンバー(※通知カードも可)を提出する必要があります。
この際、扶養家族がいる場合は全員分の申請を同時に行いましょう。

扶養家族がいる場合の手続きに必要な書類
  • 全員のマイナンバー(個人番号)
  • 世帯の住民票や収入証明(非課税証明書など)

特に住民票や収入証明を取得するまでに(市役所や区役所に行く、郵送など)時間がかかる場合もありますので、入社前に準備しておくことをオススメします。

健康保険証は(混雑状況によって異なりますが)1週間から3週間程度で届きますが、その期間に病院に行くなど受診する機会がある場合は、健康保険資格証明書の発行などの相談をしましょう。
※ 「健康保険被保険者資格証明書」の有効期間は、証明日から20日以内です。

転職先が決まっていない、又は期間があく場合の健康保険

退職をした後、転職先に入社するまでに期間があく場合・転職先が決まっていない場合は自分で保険加入の手続きをする必要があります。

先ほどもお伝えしましたが、健康保険に加入せず病院で受診を受ける場合、7割が自分で負担(支払いをする)ことになります。
仮に病院で受診する必要がない場合もいつ怪我や病気になるかわからないため、加入することをオススメします。

任意継続被保険者精度と国民健康保険の2種類あります。
比較をした上で、あなたに合った健康保険を選びましょう。


任意継続被保険者精度とは?

退職後も今までと同じ健康保険に加入できる精度です。
※被保険者期間(保険加入期間)が2ヶ月以上であれば、最長で2年間は同じ健康保険に加入ができます。

任意継続被保険者精度を利用し、今までと同じ健康保険に加入するためには、退職日の翌日から20日以内に申請をする必要があります。(21日目以降の場合は相当な理由がない限り受け入れられません)

手続きは、加入していた健康保険によって異なります。

  • 組合管掌健康保険に加入:健康保険組合事務所
  • 全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入:居住地を管轄する全国健康保険協会

どちらに加入しているか分からない場合、健康保険上に記載がありますので確認してみましょう。

任意継続被保険者精度
  • 申請期間:退職日の翌日から20日間
  • 申請場所:
    組合管掌健康保険に加入:健康保険組合事務所
    全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入:居住地を管轄する全国健康保険協会
  • メリット:これまでと同じ健康保険の特性を利用することができる
  • デメリット:申請期間が限られているため、検討する期間が少ない

 

国民健康保険とは?

市区町村が保険者となる健康保険です。

と言ってもイメージが分からないと思いますが、会社を退職した際に加入する健康保険はこの国民健康保険です。※継続する場合は除く。

原則として、退職日の翌日から14日以内に申請すれば加入できますが、遅れた場合も手続きは可能です。しかし、保険料は退職日までさかのぼって支払いをする必要があります。

保険料の算出方法は自治体によって異なります。
この算出は前年の所得、世帯の資産、家族の人数などで決まります。
しかし、同じ状況であっても住んでいる市区町村によって支払う保険料が異なります。

国民健康保険
  • 申請期間:退職日の翌日から14日以内※遅れた場合も申請可能
  • 申請場所:住んでいる市区町村の役場
  • メリット:退職日の翌日から14日を過ぎても申請できる
  • デメリット:14日を過ぎた場合は、退職日までさかのぼって保険料を支払う。保険料の算出は市区町村によって異なる。

任意継続被保険者精度と国民健康保険の比較

ここで、任意継続被保険者精度と国民健康保険の比較をしましょう。

任意継続被保険者精度 国民健康保険
申請期間 退職日の翌日から20日以内 退職日の翌日から14日以内
※遅れても申請可能
申請場所

①組合管掌健康保険に加入:
健康保険組合事務所

②全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入:
居住地を管轄する全国健康保険協会

住んでいる市区町村の役場
メリット これまでと同じ健康保険の特性を利用することができる。 職日の翌日から14日を過ぎても申請できる。
デメリット 申請期間が限られているため、検討する期間が少ない。 14日を過ぎた場合は、退職日までさかのぼって保険料を支払う。保険料の算出は市区町村によって異なる。



【豆知識】家族扶養・紛失・失効した健康保険

ここからは知っていると得する健康保険の豆知識を紹介します。

あなたが当てはまることがありましたら、焦らず対応するようにしましょう。

家族の扶養に入る場合の健康保険

年収が130万円未満の場合、家族の健康保険の被扶養者になれる場合があります。
※家族が健康保険の被保険者で、あなたの年収の倍以上且つ要件を満たすことが条件です。

まずは、家族が加入している保険期間に問い合わせをしましょう。

健康保険証を無くしてしまった場合の対処方法

財布の紛失や普段持ち歩かない方は、返却と言われたときに無くなったことに気づくことがあります。まずは、早急に会社に連絡をして指示を仰ぎましょう。

紛失が発覚し、退職日まで時間がある場合(1〜2ヶ月程度)は会社で再発行の依頼をしましょう。

退職日まで1ヶ月を切っている場合は、会社によって対応が異なりますので、まずは相談をするようにしましょう。

失効した保険証を使ってしまった場合の対処方法

退職日を過ぎた後も保険証(失効した保険証)を誤って使用した場合、健康保険の保険者から返還請求を受けることになります。
場合によっては、詐欺罪として訴えられる場合もありますので、どの保険証かきちんと確認した上で使用するようにしましょう。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。