【小学生・子どものダイエット】3つのポイントで簡単に肥満回避!脱ぽっちゃり

【小学生・子どものダイエット】3つのポイントで簡単に肥満回避!脱ぽっちゃり

いきなりですが、小学生のお子さんをもつあなた!

最愛の子どもが肥満(ぽっちゃり)で悩んでいますよね。

スマホやゲームをして家にいる機会が多く、外で遊ばないからどんどん太っていってる気がして将来が心配になりますよね。

実は私も小学生の頃はぽっちゃり体型でした。
※格闘技をしていたものの食べることが大好きで、小学5年生の頃は身長140センチで体重は45キロでした。(平均は身長139センチ、体重34.4キロ)

しかし、体重を痩せるだけで良いのでしょうか。

本日の記事のポイントは以下の3つです。

小学生・子どもにダイエットさせる3つのポイント
  1. 簡単に誰でもできる
  2. 飽きずに継続的に楽しくできる
  3. 成長期のため、負荷(無理)をかけすぎない

いくつかの簡単に誰でもできる方法により、普通または痩せ型体型に劇的変化をすることができたため、私の体験談を参考にしてみてください。



小学生・子どもが太ってしまう理由

ダイエットをする前にまずはなぜ太っているのか理解しましょう。

子どもは「なぜ?」という言葉に敏感です。
闇雲に「痩せなさい」と伝えたところで反発心が生まれ、やる気がなくなり、むしろ太ってしまう傾向がありますので、正しく理解することが大切です。

カロリーの過剰摂取(食べ過ぎ)

前提として、消費カロリー > 摂取カロリー で痩せることができます。

そのため、いくら運動しても痩せない!と思う方は摂取カロリーが多いこと(食べ過ぎ)が原因に考えられます。

平均的な必要カロリー

1年生〜3年生:1350~1750kcal(男子)、1250~1650kcal(女子)

4年生〜6年生:1950~2500kcal(男子)、1850~2350kcal(女子)

なお、学校の給食は660〜770kcal程度に設定されています。

そのため、給食が出る日は660〜770kcalを引いたカロリーが1日の摂取カロリーです。

例)5年生男子の場合
2200kcal-700kcal=1500kcalが家で摂取するカロリー
※ラーメン1杯約900kcal

家の中で動かない(ゲームや動画ばかり見ている)

1日に必要なカロリーは運動などによって消費されるため、必要とされています。

しかし、スマホで動画やゲームをする時間が増えた現代では、運動不足により消費カロリーが不足している場合があります。

消費されるカロリーの参考例をいくつか紹介します。

小学5年生 体重40キロの場合

登下校で歩く(30分):約65kcal
ランニング(15分):約90kcal
縄跳び(20分):約123kcal
水泳(30分):約174kcal
※目安の消費カロリーのため、個人差があります。

案外少ないと思った方も多いと思います。
しかし、歩いて登下校はするものの、その他については全くやらない方も多いと思います。

間違えたダイエットはさせないこと



よく以下のような勘違いをする方がいます。

  • ダイエット=食べないこと
  • 食べてしまうことは悪だ
  • とにかく運動すれば良い
  • まずはやらせれば何とかなるだろう

なぜダイエットが必要なのでしょうか。

よく痩せた状態の方が、カッコ良い・可愛いなどと容姿だけを気にするケースも多いですが、ダイエットは健康であることを前提に長期的に痩せることが目的となります。

過度なダイエットをすることではなく、小学生・子どもの成長期を大切にすることを考えるようにしましょう。

【小学生・子どものダイエット】痩せる3つの方法を紹介

ここで私が実際に行ってきた小学生・子どものダイエット法を3つ紹介します。
本日からできる簡単なダイエット法なので、是非試してみてはいかがでしょうか。

ポイントは以下の通りです。

小学生・子どもにダイエットさせる3つのポイント
  1. 簡単に誰でもできる
  2. 飽きずに継続的に楽しくできる
  3. 成長期のため、負荷(無理)をかけすぎない

 

簡単にできる!ラジオ体操

みんなが知っているラジオ体操です。
夏休みは近くに集まり、朝6時30分からラジオ体操する町会(子ども会)も多いのではないでしょうか。

実はラジオ体操は、ダイエットにも非常に効果的と言われています。
※ラジオ体操について、詳細はコチラの記事をご確認ください。

またラジオ体操を子どもだけにやらせてしまうと、適当になったりやる気が出ないものです。
家族の会話も増え、一家の行事のような少し楽しいルーティーンになると思います。
ラジオ体操第一だけであれば5分程度で終わりますので、家族全員で集まってやってみるのはいかがでしょうか。

▼正しいラジオ体操のやり方はコチラ
DVD付き もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 決定版 (講談社の実用BOOK)

消費カロリー(ラジオ体操第一のみ) 15kcal(砂糖入り紅茶1杯分)
所要時間 5分〜10分
難易度 ★★☆☆☆
オススメ度 ★★★★☆

正しい姿勢で!ウォーキング

ウォーキングと横文字を使っていますが、要は歩くことです。
学校の登下校も歩く方が多いと思いますが、意識して歩くことでカロリーの消費がされます
※ウォーキングについて、詳細はコチラの記事をご確認ください。

車での移動や電車・タクシーに乗る機会が多い場合は、「たまには歩くと良い景色が見れるよ」「○○の買い物に行ってきてくれたら、好きなものを買って良いよ」などポジティブな話をして外を歩くことを勧めるのはいかがでしょうか。

消費カロリー(4キロ歩いた場合) 126kcal
所要時間 60分
難易度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★★☆

手間が省けて一石二鳥!家の手伝い

毎日、洗濯・掃除・料理など家事は大変ですよね。
知らぬ間に家事は多くのカロリーを消費されています。

あなたが家事をする立場でしたら、子どもに手伝ってもらうことはいかがでしょうか。
例えば、「トイレ掃除を10回やったら○○に行こう」「料理を覚えて好きな食べ物を食べよう」など、ギブアンドテイクで伝えると案外動いてくれるものです。

これで、あなたの負荷も減って一石二鳥ですね。

消費カロリー 10kcal〜30kcal
所要時間 30分〜60分
難易度 ★★☆☆☆
オススメ度 ★★★★★

小学生・子どもは見返りを求める

現代の子供たちは、スマホやゲーム、動画、SNSなどの普及により「考える力」が非常に発達しています。

例えば「なぜ、それをやる必要があるのか」「やったことによる自分のメリットは何か」など。

数年前から体罰問題で、運動部の顧問が訴えられるケースが多くなりましたが、ひと昔前までは体罰というワードすら出てこなかったと思います。
私もスマホやインターネットが普及する前だったため、やれば良いと勘違いしていた時期もありました。

しかし「とにかくやらせれば良い」という考え方は、これからの時代には見合いません。

その理由は、スマホやゲーム、動画、SNSなどの普及が関係しています。
今は、いち早く誰でも簡単に目の前のことが正しいか情報を調べることができます。
それは、この記事を読んで下さったあなたも同じことが言えます。

そのため、子供という立場を考えることをやめ、同じ目線に立ち「自分がどう言われたらモチベーションが上がるか」を第一に考えるようにしましょう。

その結果は必ずついてきます。

小学生・子どものダイエットにオススメの本

さらに子どものダイエットについて調べたい方にオススメの本を紹介します。

気をつけよう!子どもの肥満・ダイエット〈2〉深刻化している子どもの肥満

子どもが肥満になる理由・ダイエット方法が詳しく書いています。
これから始めるという方にはオススメの本です。

アシックス監修 ウォーキング・ダイエット (ぴあMOOK)

アシックスが監修している正しいウォーキングの仕方・ダイエット方法について書かれています。
靴ずれや怪我につながるため、正しい歩き方を心がけましょう。



 

コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。