ダイエットにオススメ3種!水を選ぶポイント

ダイエットにオススメ3種!水を選ぶポイント

以前の記事で水ダイエットについて書きましたが、果たしてどのような水を飲めば良いのでしょうか。

私は、3歳〜22歳まで減量が必要なスポーツをしてきました。
成長期とも言える時期に減量をしてきたため、非常に大変な思いをしました。

しかし、一方でそのおかげで自分の体質にあった水を探すことができました。

侮ってはいけません。

健康維持や減量(ダイエット)を成功させるためには水選びが非常に重要となります。

本日は私が今まで飲んできた水を比較したいと思います。
ぜひ、あなたにあった水を見つけてください。

軟水と硬水の違いは?

軟水と硬水をいう言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

ここで正しく理解しましょう。

軟水と硬水の違いは、「硬度」の違いです。
硬度というのは、水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHO(世界保健機関)が定める基準では硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。

一言で言うと、飲んだときに「なんだか、この水重く感じるな」「飲むのに抵抗があるな」と思うのが硬水です。

と言うのも、水道水や国産のミネラルウォーターのほとんどは軟水なので、そうのように思うのは当たり前です。

水を買う時はチェックしてみましょう。

【オススメの水】その1

こんな方にオススメ:気軽に水を飲みたい方・ゴミの量を減らしたい方

  • 商品名:いろはす
  • メーカー:コカ・コーラ
  • 原産国:日本
  • 軟水 (硬度27.7~40.3mg/l)

みなさんご存知の方も多いのではないでしょうか。
ペットボトルが柔らかく、捨てるときに小さく潰しやすい水です。
私もよく電車移動の時などに持ち歩いています。

【オススメの水】その2

こんな方にオススメ:移動するときに水を飲みたい方・すぐ喉が渇く方

  • 商品名:南アルプスの天然水
  • メーカー:サントリー
  • 原産国:日本
  • 軟水 (硬度30mg/l)

夏場はこの水!と思えるほど、よく暑い日に飲んでいる方を見かけます。
私も部活動の遠征で良く持参していたことを覚えています。
いろはすは幅があるものの硬度はあまり変わらず、日本人向けの水とも言えますね。

【オススメの水】その3

こんな方にオススメ:食欲を抑えたい方・硬水に抵抗がない方

  • 商品名:コントレックス
  • メーカー:Nestle Waters(ネスレウォーターズ)
  • 原産国:フランス
  • 硬水 (硬度1468mg/l)

コントレックス!今ではご存知の方も多いのではないでしょうか。
私は減量の時はこのお水大変お世話になっていました。
この水は硬度が高く、飲んでいるとお腹いっぱいになった気持ちになります。
決して食べないことが良いことではありませんが、食欲を抑えたい方にはオススメです。

以上、3つの水をご紹介しました。

ポイントは、自分にあった水を見つけることです。

水は体内の6割以上を占める大切な役割を果たします。

参考にしていただき、あなたにあった水を見つけましょう。

コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。