ダイエット中の筋肉痛!【治し方】を徹底解説

ダイエット中の筋肉痛!【治し方】を徹底解説

「いざダイエット!」

と思って運動をしても筋肉痛になってしまうと辛いですよね。

動くことも怠くなり、何しても面倒になりますよね。

そしてダイエットする気がなくなり…

このような経験をしたこと(もしくは今している)があると思います。

しんぷく
私も筋肉痛という課題には何度もぶち当たっていました。

今回は以下について解説します。

  • 筋肉痛にならない方法
  • 筋肉痛の治し方
  • 筋肉痛になる原因

 

せっかくダイエットをする気持ちになったのに筋肉痛が原因でやめてしまうともったいないですよね。

余計な心配をすることなく、前向きにダイエットに取り組みましょう。



ダイエットで辛い筋肉痛を治し方【オススメは3つ】

ダイエットの筋肉痛を治す方法

そもそもなぜ筋肉痛になるのでしょうか。

筋肉痛とは運動に伴って起こる筋肉の痛みです。一般的には、運動が終わった数時間後から翌日~翌々日というように、時間を置いて起こる「遅発性筋痛」が、「筋肉痛」と呼ばれています。慣れない運動を行ったとき、普段使わない筋肉を使いすぎた場合などに顕著に現れます。

引用元:くすりと健康の情報局

急にダイエットをすることで、普段使わない筋肉を使い、痛みが出てしまう現状です。

勘違いしてはいけないことは「筋肉痛=悪い」ことではありません。

筋肉を動かすということは、脂肪燃焼の効果や身体を引き締めることができます。

つまり、筋肉痛になるということはダイエットを頑張っている証拠です。

筋肉痛の治し方や予防はこの後に紹介しますが、筋肉痛にならないようにダイエットをすることは不可能に近いです。

あくまで筋肉痛を軽減させ、効率良くダイエットができるようになる方法の紹介です。

その点を理解した上で筋肉痛の対策をしましょう。



筋肉痛の治し方【効率性】

筋肉痛の治し方【効率性】

シンプルかつ効率が一番良いのは「筋肉を休めること」

筋肉の超回復という言葉を知っていますか?

超回復:筋肉を48〜72時間(※)休めることで回復すること

(※)個人差があります。

1日使った筋肉は休めた方が良いと聞いたことがあるかもしれませんが、トップアスリートも同様のトレーニングをしています。

1日使った筋肉は2、3日休ませましょう。

例えば、スクワットをして足が筋肉痛になった場合、上半身のトレーニングを、3日目は腹筋をするなどバランス良くすることが大切です。

しかし、注意も必要です。

特に寒い日やクーラーの効いた部屋にずっといると筋肉が固まってしまうリスクがあります。

トレーニングをして、涼しい部屋で休むと気持ち良いですよね。

でも、そこには危険が潜んでいます。

その時だけの幸せが、辛い筋肉痛になってしまうと考えると怖いですよね。

次に紹介する湯船でほぐしたり、軽めのランニングやウォーキングなど筋肉を動かすようにしましょう。

しんぷく
筋肉がほぐれ、痛みがやわらぐのでオススメです!

 

筋肉痛の治し方【温める】

筋肉痛の治し方【温める】

「身体を温めること」も効果的です。

先ほど紹介した通り、涼しい部屋にずっといると筋肉が固まってしまいます。

筋肉が固まる=筋肉痛になる

 

他にも肩こりや頭痛の原因になるリスクがあります。

せっかくダイエットをしたくて運動をしたにも関わらず、身体に弊害が出てしまうと意味がないですよね。

筋肉痛を治すために温める方法は以下の通りです。

  • 40〜41度の湯船にゆっくり浸かる
  • 運動した後、すぐに服を脱がない
  • 温湿布を貼る

 

大したことではないと思った方も多いはずです。

しかし、たったこれだけで筋肉痛が楽になるのであれば試してみる価値がありますよね。

しんぷく
私も部活をしていた時は筋肉痛に悩まされましたが、温めることを意識するとだいぶ楽になりました。

筋肉痛の治し方【栄養素】

筋肉痛の治し方【栄養素】

筋肉に必要な「栄養素を摂る」ことも大切です。

筋肉は大切な身体の一部です。

喉が乾いているのに、水が飲めないと辛いですよね。

それと同じで、筋肉も必要なものを欲しています。

筋肉の回復=ビタミンB1

 

ビタミンB1は、疲労回復やエネルギー回復に重要な栄養素です。

豚肉やかつお節に含まれていますが、ぶっちゃけ毎回食べるのは難しいですよね。

オススメは先着300名様限定【初回980円(税抜)+送料無料】『ミリオンパワーSG』です。

先着で初回980円キャンペーンをしています。

980円で辛い筋肉痛とさよならできるなら安く感じますよね。

 

筋肉痛の治し方【裏技】

筋肉痛の治し方【裏技】

筋肉痛を治す裏技もあります。

バファリンなどの「鎮痛剤」を飲むこと。

ただ一時的に痛みがやわらぐだけです。

どうしても筋肉痛がひどく、生活に師匠が出るくらいなら鎮痛剤を飲んで楽になった方がマシですよね。

実際、鎮痛剤を飲んでビタミンB1を摂り、身体を温めることは現役時代もよくやっていました。

しかし、薬を飲むことには変わりないので抵抗がある方にはオススメできません。

どうしても辛い時は、鎮痛剤を飲むようにしましょう。



結論:筋肉痛は治るが工夫とやり方がある

結論:筋肉痛は治せる

筋肉痛を治すために3つの方法を紹介しました。

裏技に関しては、どうしても辛いときにとっておきましょう。

しんぷく
使いすぎると効果が薄れしまいます

せっかくダイエットを始めたわけですので、楽しく前向きにやっていきたいですよね。

筋肉痛という余計な壁を少しでも軽減できるよう自分にあったやり方を見つけましょう。



コメントを残す

ABOUT US

しんぷく
3歳から22歳まで約19年間の格闘技をし全国大会で8回優勝。 総合広告代理店で営業・マーケティングを経験をし30歳で脱サラ。 その経験を活かし「ダイエット」「時間がない中でできる副業」を執筆。 モットーは 「人類みなクリエイターであり、誰にでもチャンスがある」 毎日が学びです。 誰でも簡単にでき、知っていると得する豆知識を紹介します。